安全方針

高瀬運送トップページ > 安全・環境・品質

運輸安全マネジメント

輸送の安全に関する基本的な方針(平成26年度)

株式会社高瀬運送/高瀬ロジスティクス株式会社は、安全は最大の顧客満足であることを認識し、安全性の向上に向けての基本的な方針を実施するため、経営陣が先頭に立ち、強い意思とリーダーシップにより、社内の意志の疎通を積極的に図ることで、本社と現場の円滑な連絡体制を確立し、輸送の安全確保に取り組んでまいります。

  1. 全社員に対して、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、その実現のため
    経営トップが主導的な役割を果たし、全社員が一丸となって取り組み、絶えず安全性の向上を図る。
  2. 輸送の安全に関する取り組み状況等の情報について、積極的に公表する。
  3. 安全に対する基本的な方針及びそれに基づく目標・計画を全社員に周知・徹底する。
  4. 公共の道路を使用しているという認識を常に持ち、運転に関する知識・技能の研鑽に努め、人身事故の防止を図る。
  5. プロドライバーとしての自覚を高め、悪質違反を絶対にさせない。
    (酒酔い運転、酒気帯び運転、過労運転、薬物等使用運転、無免許・無資格運転、過積載運転、最高速度違反、救護義務違反)
  6. 参加・体験・実践型の研修・指導の実施により、運転者の能力向上を図る。

輸送の安全に関する目標

  1. 交通事故の現象目標
    1.人身事故 ゼロ件
    2.物損事故 0件(昨年度50%減)
    3.自損事故 0件(昨年度50%減)
  2. 輸送に関する投資
    1.デジタルタコグラフの導入 15台 1,500,000円

目標達成の為の計画

  1. 乗務職及び指導者・管理者への安全教育の実施・・・・・年2回
  2. 荷主企業・協力会社・下請会社との安全対策会議の実施・・・・・年2回
  3. 自社内独自の運転者研修を実施・・・・・年1回
  4. 全運転者の「運転記録証明書」を取り寄せて個別に活用・・・・・年1回
  5. 運転技能向上を目標とした外部研修会への参加・・・・・年1回

前年度の目標達成状況

  1. 25年度目標
    自動車事故報告規則
    第2条に規定する事故
    目標 達成状況
    0件 0件(達成)

実施結果の評価

【輸送の安全に関する目標の達成状況】

  1. 交通事故の減少目標
    1.人身事故 ゼロ件
    2.物損事故 1件(昨年度50%減)
    3.自損事故 1件(昨年度50%減)
  2. 輸送に関する投資
    1.アルコールチェッカーの導入 1台 350,000円(目標達成)

【目標達成の為の計画】

  1. 乗務職及び指導者・管理者への安全教育の実施・・・・年2回(目標達成)
  2. 荷主企業・協力会社・下請会社との安全対策会議の実施・・・・・年2回(目標達成)
  3. 自社内独自の運転者研修を実施・・・・・年1回(目標達成)
  4. 全運転者の「運転記録証明書」を取り寄せて個別に活用・・・・・年1回(目標達成
  5. 運転技能向上を目標とした外部研修会への参加・・・・・年1回(目標達成)

環境方針

環境方針

基本理念

当社は、環境問題への取り組みが人類共通の課題であると認識し、企業の社会的、公共的使命を自覚し「よき企業市民」としてとして地球環境保全に積極的に取組み、地域社会の発展に貢献し、社会から一層信頼される企業を目指します。

基本方針

  1. 環境関連法規制、条例、協定及びその他の要求事項を遵守し、環境負担の低減、環境汚染の防止に努めます。
  2. 自動車からの排出ガスによる地球温暖化、大気汚染を防止するため、エコドライブの実践、低公害車の導入を推進します。
  3. 環境教育、啓発活動を通じて全従業員に本方針を周知するとともに、社員の意識向上を図り、地域の環境保護活動に積極的に貢献します。
  4. 廃棄物の適正処理、リサイクルを推進します。
  5. 環境目標を定め、定期的に見直すことにより、環境保全活動の継続的な改善に努めます本方針は広く社外に公表します。

環境保全責任者
株式会社高瀬運送 代表取締役 高瀬達夫
高瀬ロジスティクス株式会社 代表取締役 高瀬宏之

品質方針

株式会社高瀬運送/高瀬ロジスティクス株式会社の品質方針とは、お客様の価値と満足を運ぶための安全輸送を確立し、物流品質の向上を図ることです。そのため、高瀬グループの4Cを掲げ品質の向上を目指しております。

環境方針

高瀬グループ(株式会社高瀬運送/高瀬ロジスティクス株式会社)の4C

  1. customer value(顧客価値)
    • 小型車から大型車まで自社管理による高品質運行管理
    • 複数の大型倉庫保有による豊富な保管能力
    • ネットワーク管理によるジャストインタイムの配送システム
  2. ジャストインタイムの配送システム
    • 主要エリアのルート化による適正コストの追及
    • 商品の保管から流通加工、在庫管理まで3PLの展開によるトータルコストの追及
    • 協力会社との連携を含めた広域ネットワークによる適正車両確保
  3. communication(社会性)
    • 人間力向上の為の社員教育
    • 総合物流システムによる提案型営業
    • システム管理による安全運行管理
  4. convenience(利便性)
    • 食料品や日用雑貨から重量物、機械物まで多岐にわたる商品への高分野対応力
    • サイバーロジスティクスによる迅速対応力
    • 一般及び産業廃棄物の取集/運搬対応力

4Cの確立に向けて 〜みまもりくんオンラインサービスを導入〜

トラックの位置情報を移す大型モニター オフィスに設置された大型モニターには、
最大90台までの位置情報が同時表示できます。

運行状況の「見える化」を実現
高瀬運送/高瀬ロジスティクスでは、大型車を中心に、ISUZUの高度運行情報システム「みまもりくんオンラインサービス」を導入。
「車両位置確認AUTO連続モード」のオプション機能を採用し、オフィスに大型モニターを設置して運行状況の「見える化」を実現しました。車両の現在位置が定期的に更新されるので、お客様からの問合せにも的確に対応できます。

運転日報 運転日報

ドライバーの労務改善
「みまもりくん」の「日報代行」は、運行終了時に車載機のボタンを押すだけで自動的に日報ができますので、ドライバーの帰社後、直ちに出力、目を通して気付いた点があれば、ドライバーに適宜指導ができます。長距離運行時の運行経路やペース配分も確実に把握できるようになり、ドライバーに無理な運行を強いることがないよう注意できるようになりました。
また、高瀬運送/高瀬ロジスティクスでは、省燃費・安全に関するデータ(評価点)を月ごとに掲示しています。運行の優劣が一目でわかり、ドライバーの意識づけ及び運行品質の向上にも努めています。

ページトップへ

トラック検索 採用サイトへ MAILでのお問い合わせ パートナーシップ フェイスブック インスタグラム サヌキエキスプレス